2018年4月21日土曜日

ノラオンナ52ミーティング ~声とウクレレ~

夏日。レコードストアデイ。吉祥寺 STAR PINE'S CAFE で開催された『ノラオンナ52ミーティング ~声とウクレレ~』に行きました。ノラオンナさんが2004年に風待レコードからCDデビューした日、4月21日に毎年開催されるワンマンライブ。一昨年50歳になったのを機に会場がMANDA-LA2からSTAR PINE'S CAFEに移されました。

2016年の『詞集「君へ」 ~ノラオンナ50ミーティング~』、2017年『港ハイライト「抱かれたい女」リリースパーティ ”踊りませんか?”』は港ハイライトのメンバーにゲストミュージシャンを多数加えたフルバンド編成で魅惑のエンターテインメントを繰り広げましたが、今年は一転ひとりウクレレ弾き語りです。

というと原点回帰みたいなことになりますが、回帰どころか真の意味でクリエイティブかつ甘美なショータイム。魅了されました。

第一部は2014年のデビュー作『少しおとなになりなさい』全5曲と現時点の最新作である港ハイライト『抱かれたい女』から、歌詞の朗読とソプラノウクレレと歌。朗読によって浮彫りになる機微。この歌のこのフレーズは疑問形だったんだ! この連はここで句切れか! このシーンはこんなテンポ感なのか! という具合に何度も耳に馴染んだ曲が新しい意味合いで再生される。

二部は現在制作中の次回作『めばえ』全15曲をMCやインターバルを挟まず立て続けに惜しげもなく披露。テナーウクレレと歌声だけがそこで鳴っている。全編スキャットで構成されたアルバムタイトル曲「めばえ」が特に素晴らしかった。感傷的で神聖な響き。濃密な音空間。たったひとりで表現し続けること。音楽にうっとりしながらも、その覚悟に同じ舞台人として背筋が伸びる想いがします。

小西康陽さん。開場時は古い欧州映画のサウンドトラック、インターミッションにはオルタナティブなフレンチポップ、終演後は子供の合唱でThe Beach Boys "God Only Knows"。完璧な選曲とDJプレイでこのショーに美しい額縁を添えていました。
 

2018年4月14日土曜日

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

雨の予感。COREDO室町2 TOHOシネマズ日本橋ジョー・ライト監督作品『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』を観ました。

ナチスドイツがヨーロッパを蹂躙し、ベルギーとオランダが陥落した。1940年5月9日、英国議会では戦時挙国一致内閣への協力条件として左派労働党がチェンバレン首相(ロナルド・ピックアップ)の退陣を要求、保守党がこれに応じる。保守党は外相ハリファックス子爵(スティーブン・ディレイン)を推したが、労働党が容認する次期首相は第一次世界大戦中オスマントルコとの戦いで失策したウィンストン・チャーチル(ゲイリー・オールドマン)しか選択肢がなかった。

翌5月10日、チャーチルはバッキンガム宮殿に召喚され英国王ジョージ6世(ベン・メンデルソーン)から首相に任命される。それからナチスに包囲され孤立した30万人超の英仏陸軍兵をダンケルクから救出したダイナモ作戦までの約3週間を描く。映画の原題は "Darkest Hour"。

躁鬱質で切れやすく、英国人らしく捻じれたユーモアを持ちながら粗野。そんなチャーチル像をゲイリー・オールドマンが迫真の演技で魅せます。イギリスでは当時既に女性参政権が獲得されていましたが、国会議員は男性ばかり。国民の生死を左右する重要な意思決定がホモソーシャルな価値観のみに基づいてなされることに違和感を持つ一方、チャーチルの妻クレメンティン(クリスティン・スコット・トーマス)やタイピストのミス・レイトン(リリー・ジェームズ)は自立した大人の女性として魅力的に描かれています。

監督は『ハンナ』のジョー・ライト。『ハンナ』とは異なり派手なアクションシーンはありませんが、おっさんばっかりの地味な画面を飽きさせずに見せるテンポの良い編集はお見事です。ただ勇壮なオーケストレーションが全編に被さってくるのはちょっとうるさく感じました。


2018年4月13日金曜日

第二回花本武物産展

花冷えがすこしだけ戻ってきた金曜日の夜。中央線通勤快速で西荻窪へ。サブカル酒場SWAMPで開催中の『第二回花本武物産展』にお邪魔しました。

戦後詩の五大ヒロシ(関根弘吉野弘川崎洋岩田宏長田弘)と並び称される(?)2000年代トーキョーポエトリーシーンの四大タケシの一人にして吉祥寺ブックスルーエのカリスマ書店員花本武

鹿取洋子LP盤が大音量で流れる店内のそこかしこに置かれたノート、ファイルやスクラップブック。ほとんどすべてのメディアは紙。膨大な物量。

「花本武作品」「花本武のスクラップブック」「花本武の軌跡」「花本武コレクション」。そして一冊一冊の冊子にはタイトルが付与されている。これだけ自分の名を冠しているのにも関わらず、そこには自己愛も自己嫌悪も感じられない。そして何より感動するのは「作品をつくろう」という意思が綺麗に拭い去られているところだ。

「捨てない」をコンセプトにした、これは一種のアウトサイダーアートと言ってもいいのだと思う。一冊毎には明確なテーマ性があり、制作の過程が几帳面過ぎて、男子の性的妄想の入り込む隙間がない。そのことによって無粋なマッチョイズムからすり抜けて図らずも超ドライでスーパーフラットな視点を獲得しており、観る人みんなを笑顔にする。

そのなかで異彩を放っていたのが「空プロジェクト」というスナップ写真アルバム。映画『スモーク』に触発されて毎日同時刻に空をフィルム撮影した一冊からは、花本武の詩作品にも通じるセンチメンタリズムが滲み出しています。

小学一年生の夏休みの「えにっき」も素晴らしかったです。「きようはおとうさんととこやにいきました。そのあとせぶんいれぶんにいきました」。すべてのセンテンスが過去形で、その究極のシンプリシティに打たれました。



2018年4月11日水曜日

私の好きな。

風の強い水曜日。吉祥寺MANDA-LA2へ。mueさんのアニバーサリーワンマンライブ『私の好きな。』に行きました。毎年4月11日に同じ店で開催されるこのライブは今年が18回目とのこと。そのうち2013年以降、6回続けて来ています。

普段の弾き語りやデュオとは異なるフルバンド編成で年に一度のスペシャルなライブ。今年のメンバーは伊賀航さん(b)、タカスギケイさん(g)、muupyさん(per)とカルテット編成です。

二部構成の前半はジャズボサノバR&Bカバーから。「私の好きな。」というタイトル通り、本当に好きで歌いたい曲を選び、ギターを置いてハンドマイクスタイルで、オリジナル曲より高い跳躍を持つ旋律も伸びやかに澄んだ声でmueさんらしく歌う。

二部後半は高田渡カバー1曲以外はオリジナル曲で構成。最近1年で書いた曲と久しぶりに歌う初期作品中心のセットリストで、はじめて聴く楽曲も多く、楽しめました。ずっと前に書いたというめずらしくストレートなラブソングを歌う前にしきりに「恥ずかしい」と言っていて、ポップなシェルに収まっているから見えづらいだけで実は私小説的且つドキュメンタリー志向のソングライターなんだなあ、と思いました。

僕自身も恋愛をモチーフにした作品をほとんど書いていないのですが、それは恥ずかしいというよりも、自分の感情の動きを作品化することに興味がないからです。mueさんは逆の意味で誠実に自分と向き合って音楽を作ってきたのでしょう。でも歌にしてしまった時点でどんな実話もフィクショナルな性質を帯びるもの。恥ずかしがらずに歌いたい歌を歌ったらいいと思います。

去年一昨年の4.11ワンマンのぱーん! と開いた感じとは一味違って、My Favorite Thingsというテーマ性とドラムセットが入らない編成からか、プライベートな感触の残るライブでした。過去の自分もいて、迷っている自分もいて、いまは自身を見つめる時期。それをしっかり表現した結果、カラフルなアウトプットになったのもmueさんの誠実さのなせる術。心洗われるライブでした。



2018年3月30日金曜日

秘密の世界

金曜日の夜、都営地下鉄大江戸線と東京メトロ銀座線を乗り継いで外苑前まで。青山月見ル君想フで開催された高井息吹と眠る星座世界の秘密』レコ発ワンマンライブ「秘密の世界」に行きました。

ライブ1~2曲目はCD『世界の秘密』と同じく「うつくしい世界」「Carnival」。whisper to a scream。その声と歌う姿の生命力に圧倒される。ジョージ・ガーシュインからハロルド・バッドまで、ピアノ演奏の引き出しの多彩さとそれを自らなぎ倒していくようなテンション/エモーション。

眠る星座の3人、ドラムス坂田航さんラヴミーズ)、ベース新井和輝さんKing Gnu)、ギター君島大空さん。ゲストミュージシャンにトロンボーンNAPPIさん、SAXムラカミダイスケさん、チェロ佐藤空さんというアルバムのレコーディングメンバーを揃え。それぞれがフレッシュで自由で技術が確か。即興演奏をジャストで合せられるのは勿論、CDではピアノ弾き語りの「ゆらゆら」では先鋭的なHIPHOPのアーティストのようにあえて縦を外してグルーヴを組み立てる。新曲「Mr.yellow」の半音下降の男声コーラスは『オペラ座の怪人』へのオマージュか。

高井息吹さんの音楽性や歌詞に描かれる心象風景は本質的には耽美で、ある種の虚無や諦観をしっかりと見つめている。そして何より素晴らしくまた特異なのは、自身の耽美な世界観を反転させ光を捉えようとする強固な意志とそれを実現するためのジャンピングボードとして強靭な音楽的基礎体力を併せ持つところです。

だから、J-POPのヒットチャートに並ぶような表層的なポジティヴィティは欠片も示さないのに、演奏している本人たちも会場を埋め尽くしたオーディエンスも輝かしい多幸感に包まれ肯定されている。

Roland RD-700GX(デジタルピアノ)を離れハンドマイクで歌った「ハローグッバイ」と本編の最終曲「star light」。レコ発でありながらCD未収録の新曲がこの日のハイライトに感じられたのは、彼女、彼らが既に次のステージに到達していることに他ならず、その前途を眩しすぎる程に明るく照らしていると確信しました。

 

2018年3月24日土曜日

同行二人#台東区寿二丁目

吉例朗読二人会、村田活彦カワグチタケシの「同行二人」のお知らせです。畏れ多くも自らを芭蕉と曽良になぞらえてオトナ系男子二人の詩の道行き。

2010年春に深川から出発して谷中白山渋谷吉祥寺、西へ西へと進み。いろいろあって、一昨年秋に深川に戻り再出発。1年半ぶりの今回は、浅草に程近いお洒落タウン田原町のセレクトブックストア Readin' Writin'さんにて開催します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

同行二人#台東区寿二丁目 A POETRY READING SHOWCASE Ⅷ
Dōgyō-Ninin #2nd Ave. Kotobuki

日時:2018年4月28日(土) 18時半開場 19時開演
会場:Readin' Writin' BOOK STORE
   東京都台東区寿2-4-7 03-6321-7798
   http://readinwritin.net/
   東京メトロ銀座線田原町駅1番出口左折、小松庵右折、
   レモンパイ洋菓子店手前左側
料金:1,500円(御飲物代別途)
出演:村田活彦a.k.a.MC長老カワグチタケシ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Readin' Writin' BOOKSTORE さんは、清澄白河、馬喰町の次に来ると云われる注目スポット田原町に昨年4月にオープン、元木材倉庫をリノベーションした新刊書店です。大きなガラス窓から差し込む自然光に映える高い天井、広いロフトのある素敵なお店。棚作りも最高です。

3年ぶりの春開催に出演者ふたりとも張切っております。

ご予約は不要ですが「行くよ!」と言ってもらえると俄然モチベーションが上がります。オン・ザ・ロード・アゲイン。是非是非皆様お運びください!

 

2018年3月17日土曜日

TRIOLA a Live Strings Performance

聖パトリックの日の夕方、南口商店街は若者たちで賑わっていますが、通りを一本外れた静かな住宅街の入り口にその店はあります。下北沢leteへTRIOLA a Live Strings Performanceを聴きに行きました。

1曲目 "waves horn"、波多野敦子さん(作曲、5弦ヴィオラ)が登場すると手にしたのはヴィオラではなく、leteの木製の床に無造作に置かれた2機のトランシーバー。ホワイトノイズをヴィオラのピックアップに拾わせ、2機を近づけたり遠ざけたりしながらハウリング/共鳴させる。そこに重なる須原杏さんのメランコリックなヴァイオリンの旋律。ネオクラシカルとは一線を画すノイジーなアプローチはTRIOLAならでは。弦楽アンサンブルという形態をとりながら、そのアティテュードはノイズ/アンビエントを基調としたエクスペリメンタル・ミュージック。しかも体温と強靭なグルーヴがある。

三拍子のタンゴ「雨」。波多野さんの主旋律に対して杏さんの不等拍のリフは、メジャー/インディー問わず縦を揃えた音楽に慣れた耳には鮮烈に響く。緻密に作り込まれたスコアとそれをあえて逸脱するアーティキュレーション。音楽の心地良さは、甘美さや明晰さやメカニカルな精巧さとは異なる位相にも存在することを思い出させてくれます。

弓に張られた動物の体毛と樹脂が金属の弦に擦れるときに生じるノイズ。不協和音の美。木製の鳥小屋のようなleteと木製の共鳴胴を持つ二挺の弦楽器によるインスタレーションアートを鑑賞しているような感覚になりました。

波多野さんの「いろんな想いを込めて弾きたいと思います」というMCに導かれ演奏されたアンコールの"coral"。2011年4月に当時神楽坂にあったギャラリーうす沢(オーナーの臼澤裕二氏は津波で甚大な被害を受けた岩手県大槌町出身)でtriolaと共演した東日本大震災復興支援チャリティライブ re:generations(仮)で、この曲に乗せて「都市計画/楽園」をリーディングした僕にとっても特別なナンバー。

波多野敦子さんのソロアルバム "Cells #2" のレコ発が4/18(水)、次のTRIOLA a Live Strings Performanceは5/25(金)。いずれもleteで開催とのこと。楽しみです。