2017年8月19日土曜日

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

蒸し暑い曇りの土曜日。ユナイテッドシネマ豊洲武内宣之監督作品『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』を観ました。

舞台は千葉県飯岡町茂下。海岸沿いの中学校の夏休みの登校日、夜には花火が上がる。典道(声:菅田将暉)は同級生のなずな(声:広瀬すず)のことが好きだが気持ちを伝えられていない。親友祐介(声:宮野真守)と競泳で勝負して、勝った祐介をなずなは花火に誘う。

1993年に岩井俊二が脚本監督し、当時15歳の奥菜恵が主演したテレビドラマを大根仁が新たに脚色、新房昭之まど☆マギ)が総監督、シャフトがアニメーション制作。と、クレジットは豪華なのですが。

バカ男子たちの夏休み冒険ロードムービーとしても、トライアングル・ラヴ・ストーリーとしても、少年少女駆け落ち潭としても、タイムリープものとしても、中途半端でちょっと残念な結果に。タイムリープが不可抗力ではなく主人公の願望のみに基づいて起こるため、中二病の妄想にしか見えないことがその要因ではないかと思います。

シャフト制作だけあって映像はこれでもかというくらいきれいです。特に、海、プール、スプリンクラーなど、水の描写の美しさは2017年時点におけるアニメーション表現の最高峰と言ってもいいんじゃないでしょうか。

打ち上げ花火がどの角度から見ても丸いということに僕が初めて気づいたのは、1984年LA五輪の閉会式の空撮をテレビ中継で観たときです。それまではそんなことは気にもかけていませんでした。

「水の上の透明な駅のプラットホームで/君が見上げる花火を俺は/丘の上から視線の高さで眺めている」というフレーズが出てくる詩「水の上の透明な駅」を書いたのは2001年のことです。海上を滑るように渡っていく1両編成の列車の描写がアニメ版にありますが(1993年のテレビドラマ版は観ていないのでわかりません)、『千と千尋の神隠し』の類似シーンと中原中也の「言葉なき歌」(1936)を下敷きにしています。



2017年8月12日土曜日

フェリシーと夢のトウシューズ

弱い残暑の土曜日。丸の内TOEI②エリック・サマーエリック・ワリン監督作品『フェリシーと夢のトウシューズ』(日本語吹き替え版)を観ました。

フェリシー(声:土屋太鳳)はバレエ・ダンサーに憧れる11歳の孤児。同い年で発明家志望のヴィクター(声:花江夏樹)とブルターニュの孤児院を脱走しパリを目指す。フェリシーはオペラ座バレエ学校に入り、ヴィクターはギュスターヴ・エッフェル博士に弟子入りする。

技術も知識もカネもコネもないが、才能と情熱だけは人一倍。意地悪なライバルに邪魔されたり、親切な大人たちに助けられたり、芸と恋の板挟みになったりしながら、正味7~10日間ぐらいでしょうか、シンデレラストーリーとしても、痛快アクション冒険活劇として楽しめます。

ディズニー出身、のちにDREAMWORKSで『マダガスカル』や『カンフーパンダ』を手掛けたテッド・タイのCGアニメーション。大屋根の細い棟の上のバレエステップ、カーチェイスシーンの派手なカット割り、飛行/落下、等々スリリングでスピード感溢れる。19世紀末のパリの街並みの優美さ。パリ・オペラ座の現芸術監督オレリー・デュポンが振り付けしたダンスシーンはあえてモーションキャプチャを用いず、より大きく、高く、速く、観せる。

そんな短期間でバレエが上手くなるはずがない、なんて野暮はファンタジーなのですから言いっこなしです。音楽はチャイコフスキーが少々と大部分は四つ打ちのポップソング。主人公を巡って幼馴染ヴィクターとロシアの貴公子ルディ(声:内山昂輝)、男子2人の決闘のショボさに比べてフェリシーとカミーユ(声:青山美郷)のダンスバトルが華やかで野性的で力強いのも、現代的で素晴らしいなあ、と思いました。

舞台は1880年代のパリ。オペラ座(ガルニエ宮)は出来立て、1989年のパリ万博に向けて建設中のエッフェル塔、アメリカ合衆国に贈られた自由の女神像も同じ工房で造られている。自分が生まれる前からあるランドマークや芸術作品は、はじめから地上に存在していたかのように錯覚してしまいますが、誰かの大変な工夫や苦労によって創造されたものである、という当たり前の、でも普段忘れがちなとても大事なことを思い出させてくれます。


2017年8月5日土曜日

静かなる情熱 エミリ・ディキンスン

薄曇りの土曜日。神保町岩波ホールテレンス・デイヴィス監督脚本『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』を観賞しました。

生前発表された詩はわずか数篇。没後発見された2000篇近い草稿群が出版され、19世紀のアメリカを代表する詩人としていまも人気の高いエミリー・ディキンソンの半生を描いています。

舞台は1848年、エミリーの女学校中退から始まり、1886年5月の葬儀で終わる。

エミリー・ディキンソンといえば、マサチューセッツ州アマーストの自宅で、白いドレスを着て部屋から一歩も出ず、また誰も部屋に入れなかった。病気で往診に呼んだ医師でさえ、ドア越しに診察させたという。そんなコミュ障のひきこもり詩人。という印象だったのですが、それは43歳で父親を亡くしてから12年間のこと。それまでは一応当時の一般的な社会生活を営んでいます。服の色もさまざま。

よく言えば才気煥発で好奇心旺盛。既存の価値観には疑問符をつけ自分で検証してみたくなる。納得いかないことには必ず反発し、人間関係円滑化のために表面上同調するという選択肢を持たないので組織のなかでうまく立ち回れない。今風に言えば「生き辛い人」。結構キレやすくて、教師や親類や友達に酷い悪態を投げつける。

詩作品の主題も世界に対する呪詛に満ちているのだが、その呪詛をこの世のものとは思えないほどの美しく表現できる類稀なスキルを持つ。主人公エミリーを演じているのが『セックス・アンド・ザ・シティ』のバリキャリ弁護士ミランダシンシア・ニクソン

しかしこの映画の真の主役はエミリーの妹ヴィニーことラヴィニア・ディキンソン(ジェニファー・イーリー)だと思います。エキセントリックで才能豊かな姉とお調子者の兄、厳格な父親と病弱な母親、という厄介な家族関係の綻びをなんとかうまく修復しようと終始気を遣い努力する。最後まで報われることはありませんが、その真摯な姿には心打たれました。

ディキンソン家の数十年の時の経過を数秒で表現した肖像写真のモーフィング技術もエレガントで鮮やかです。

2017年7月25日火曜日

正しいトゥクトゥクドライバーの選び方

薄曇りの日曜日。東京メトロ丸の内線に乗って。新高円寺STAX FREDへ。大越扶美子ワンマンライブ『正しいトゥクトゥクドライバーの選び方』に行きました。

大越扶美子とはシンガーソングライターmueさんの本名。昨年4月以降ライブ活動を休止して、数か月にわたり、インド、タイ、カンボジア、ラオス、ヴェトナムを旅した。その報告会的なライブです。

4月のバンドワンマンの祝祭的な高揚感から一転、リビングルームに親しい友人を招くホームカミングパーティのようなリラックスした雰囲気で進みます。

とはいえmueさんのことですから凡庸なものになるわけはなく。カバー以外はほぼ全曲が新曲という攻めのセットリストです。旅先での体験、出会った人たちをシンプルなコード進行とナチュラルな旋律で綴る。カバーもその曲が歌われた特別なシチュエーションの解説つき。「旅」というテーマに絞り込まれたことでMCと楽曲が有機的に結びつき、みんなでスライドを観ながら旅人の話を聞ているみたいな味わいがある。

新曲群では、旅にはあえてトラブルを期待したと言い「だってみんな安全が大好き」と歌う "Stormy Driving"、ラオスの子どもたちの挨拶 "ສະບາຍດ(サバイディー)"、ライブタイトルもなったトーキングブルーズ2部作「正しくないトゥクトゥクドライバーの選び方」「正しいトゥクトゥクドライバーの選び方」。

カバーではブラジリアンスタンダード"Tristeza"の伸びやかに澄んだハイトーン、はっぴぃえんどの「夏なんです」の抑制の利いた表現が特に印象に残りました。

バンドワンマンやショーケース的なブッキングはmueで、今回や「ガラクタの城」「同vol.2」のように素の自分を見せるテーマ性のあるライブは大越扶美子で、当面は行くのかな。4月11日に開催されたライブ『この新しい星で、一緒に遊ぼう。』のアンコールMCでは、活動名義を本名に変えるかどうか、客席も巻き込んでカオティックに逡巡した一幕があったのですが、このように落ち着いたことを喜ばしく思います。


2017年7月22日土曜日

パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち

渋谷東急Bunkamura ル・シネマ1で、マレーネ・イヨネスコ監督作品『パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』を観ました。英国王立ロイヤルバレエ団露マリインスキー・バレエと並ぶ世界三大バレエ団のひとつ、パリ・オペラ座は、300年以上の伝統を持つ世界最古のバレエ団。"Backstage"の原題の通り、86分の上映時間のほとんどがガルニエ宮のドーム屋根の下のリハーサル室の光景です。

エトワールとは星の意。英国ではプリンシパル、イタリア語ではプリマ・ドンナとなりますが、センターを務めるトップダンサーたちがいかにして表現を極めていくのか、その過程を追ったドキュメンタリーフィルムです。

出演者は、ダンサー、コーチ、振付師、指揮者、演奏家、劇場スタッフ。公演とその準備に直接携わる人たちだけ。家族も友人も誰一人として画面には登場しない。

高い跳躍から着地するときに硬いトウシューズの底が木製のフロアに当たる音。ひとつのシークエンスを踊り終えた後のダンサーの荒い息づかい。コーチのアドヴァイスの大声。劇場スタッフたちの作業音。サウンドトラックはほぼリハーサル室のピアノの生演奏だけで、劇映画的なスコアは使用されていません。

ナレーションは一切なく、テロップも曲名と作曲家、振付師、ダンサーの名前のみ。何の説明もなく始まり、唐突に終わる。オペラとは異なり、バレエというのは言葉を発さない、言葉を用いないで情感を伝えることに傾注した表現形式であることとリンクしているように思えます。ところどころで挿入されるダンサーたちのインタビューの言葉と、何よりもその身体がすべてを語っている。

群舞のリハーサルに呼ばれたバレエ学校の子どもたちがエトワールを見つめる憧れのまなざしと「バレエはコード化された踊りですが、解放を加えることで現代性を表現するのがキーです」と言うマチュー・ガニオの言葉が印象的でした。

 

2017年7月16日日曜日

ノラバー生うたコンサート

なみだ色の日曜日。はじめて降りる駅、西武新宿線西武柳沢。富士街道の辻の五差路、伏見稲荷通りに2週間前にオープンしたばかりのノラバーは、とてもお世話になっているミュージシャンのノラオンナさんがはじめて持ったご自身のお店。

僕も何度も出演させてもらった「銀座のノラの物語」「アサガヤノラの物語」はいずれも日曜の定休日を借りてのライブ営業でした。ノラバーは、銀座ときねのダークな色調と阿佐ヶ谷Barトリアエズの大きな窓をミックスしたような落ち着く空間です。

今日の出演者はmayulucaさん。他のライブで何度か顔を合わせているのでひさしぶりな感じがしないのですが、昨年8月のアサノラ以来でした。開店を祝しての「出発」から一昨年高円寺の古書店Amleteronのライブで池永萌さんと共作した「朝の月」まで全14曲、約80分。カウンターだけの細長い店の演奏家から一番遠い席にもクリアに響き、ギターと歌声の繊細な表情がよく伝わってきます。

お店のすぐ前は2車線の通りで、ライブ演奏に生活音が程好くミックスされる。バスの運転手を歌うと路線バスが通過し、「笑い声が聞こえるところで(おひさまの居場所)」という歌詞をバックに女子中学生が笑いながら通り過ぎる。そんなグッドタイミング。

mayulucaさんの音楽はミニマルで精緻な構造を持ちながら同時に、あっけらかんとしたおおらかさと包容力がある。音の粒が淡く光を放ちながら夏の始まりの湿った夜の空気に溶け込んでいきます。

演奏後は6品のおかずと味噌汁のノラバー弁当をmayulucaさんもノラさんもみんな一列に並んで食べながらおしゃべり。mayulucaさんからの開店祝いのアルパカラベルのスパークリングワインが振る舞われ、夜が更けるごと座は一層に賑やかに。どのお料理も美味しかったですが、豚肉と玉葱だけ使ったシンプルなミニカレーライスが特に味わい深かく。木曜日に訪れてフルサイズをいただきたくなりました。

ノラバー生うたコンサート、僕の出番は9月24日(日)。どうぞよろしくお願いします。詳細はあらためてお知らせします。


2017年7月15日土曜日

フィクショネス詩の教室 @tag cafe 2017

今日も真夏日。梅雨が既に明けているんじゃないかという思うぐらい。下北沢の街は熱気に溢れています。フィクショネス詩の教室 @tag cafe 2017 を開催しました。

小説家藤谷治氏がオーナーの下北沢の書店フィクショネス2014年7月に惜しまれつつ閉店しました。2000年3月から閉店まで14年半続いた詩の教室で講師を務めさせていただきました。それから3年。当時の参加者のひとり杵渕里果さんが毎年7月にフィクショネス跡地と同じ街区のカフェを借りて、ワークショップを企画してくれます。

同窓会のようでもあり、且つ新しい方も毎年参加し、ひとつのテーブルを囲み、自作他作問わず好きな詩を持ち寄って意見交換する2時間。今日みんなで観賞した詩はこの12篇です。

谷川俊太郎「ニューヨークの東二十八丁目十四番地で書いた詩」
田村隆一頬を薔薇色に輝かせて
糸井重里「いいこ いいこ(GOOD GIRL)」※矢野顕子の歌詞
矢野顕子愛はたくさん(LOTS OF LOVE)」※同上
ウンベルト・サバ娘の肖像」「ぼくの娘に聞かせる小さい物語」「われわれの時間」「第一のフーガ(二声による)」※須賀敦子
・芦田みのり「パズル」
・ジュテーム北村「TQJ」
・谷川俊太郎「家族
・宮崎譲「やどかり」

僕は『俊読2017』のボーナストラック的に冒頭2篇を担当しました。同じ谷川俊太郎のまったく異なる作風の詩を選んだ方がいたり、偶然ふたりが同じ『ウンベルト・サバ詩集』から対照的な作品を持ち寄ったり。

普段なかなか知り合うことのない作者や作品に触れることができるのも、その作品が好きな人から愛情をもって紹介してもらえるのも、誰かが持ってきたはじめて聴く/読む作品の素敵なところや洒落た技巧を見つけて伝えるのも、ひとりで読書をしているだけでは味わえない。別の愉しみがあります。

現役のレッスンプロ(?)として受講料をもらい毎月教室を開いてた頃は、入念な下調べをして、合評は斬るか斬られるか、みたいな気持ちもありました。時間とともに詩とのつきあい方が変わり、当時の緊張感から解放されて、いまは詩との出会いをずっと素直に楽しめるようになりました。それは豊かなことだと思います。

参加者の皆様、tag cafeさん、そして杵渕里果さん、どうもありがとうございました。また来年も下北沢で会いましょう。