2019年12月14日土曜日

Smoke デジタルリマスター版

師走の小春日和。シネマイクスピアリウェイン・ワン監督作品『Smoke デジタルリマスター版』を観ました。

舞台は1990年夏、NY市ブルックリン3丁目7番街の角に建つ煙草屋の店主オーギー・レン(ハーヴェイ・カイテル)。常連客で作家のポール・ベンジャミン(ウィリアム・ハート)は4年前の銀行強盗事件で妊娠中の妻を亡くしている。ある夜、閉店直後の店に煙草を買いに来たポールは、オーギーが毎朝自分の店の街角を撮った4000枚以上の色黒写真を見せられる。そこに偶然写り込んだ亡き妻エレンが通勤する姿を見つけたポールは慟哭してしまう。

その余韻で覚束ない足取りのまま通りに出たポールは車に轢かれそうになり、ラシードと名乗るアフリカ系の家出少年(ハロルド・ペリノー・ジュニア)に助けられる。

ポール・オースターの短編小説『オーギー・レンのクリスマス・ストーリー』を基にして、オースター自身が脚本を書いたこの映画を劇場で観るのは、1995年の公開当初、2016年デジタルリマスター版公開時時、そして今回が3度目。25年に亘りスクリーンで見続けていることになります(ちなみにいままで劇場で一番回数多く観たのはウォン・カーウァイ監督の『天使の涙』で4回なのですが、いずれも公開時とその翌年です)。

2時間弱の上映時間は「1. ポール」「2. ラシード」「3. ルビー」「4. サイラス」「5. オーギー」と、登場人物の名を冠した5章立てになっていますが、それ以外にもすべての登場人物、エピソード、伏線が絡み合い、過去の不幸な体験も最終的に貸し借りなしのイーブンに収まる気持ち良さは、舞台が夏でも、衣装やセットに華やかさがなくても、クリスマス映画と呼ぶに相応しい。

時が経ち、主要登場人物たちと自分の年齢が同じぐらいになり、感じ方も変わってきました。今回はクラック中毒のフェリシティ(アシュレイ・ジャッド)が、心配してスラム街を訪ねてきた両親を罵倒し追い返したあとに見せるなんとも言えない複雑な表情にぐっときました。そして書店員エイプリル(メアリー・B・ウォード)は何度観ても可愛い。

素晴らしい脚本、無駄のない演出、あたたかなユーモアを感じさせるカメラワーク、達者な役者たち、魅力的な音楽がパーフェクトに調和した傑作であることは、回を重ねるごと実感しています。

 

2019年11月10日日曜日

ノラバー日曜生うたコンサート

秋ですね。11月は一番好きな月です。大気がすこしぴりっと乾燥して、遠くから薪の燃える匂いなんかしてきたら最高です。東京はこれから紅葉が本番を迎え、街を美しく彩ることでしょう。

リスペクトするミュージシャン、ノラオンナさんのお店、西武柳沢ノラバーさんで、今年6/16(日)のバースデーライブ以来半年ぶりとなるソロ公演を開催します。完全予約制先着11名様限定のお食事付ライブ。只今ご予約受付中です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ノラバー日曜生うたコンサート

出演:カワグチタケシ
日時:2019年12月8日(日)
   17時開場、18時開演、19時~バータイム
会場:ノラバー 
   東京都西東京市保谷町3-8-8
   西武新宿線 西武柳沢駅北口3分
   ○吉祥寺からバスもあります。
料金:4,500円
   ●ライブチャージ
   ●6種のおかずと味噌汁のノラバー弁当
   ●ハイボール飲み放題(ソフトドリンクもあります)
   ●スナック菓子3種
   以上全部込みの料金です。
   
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

銀座のノラの物語アサガヤノラの物語でお世話になり、西武柳沢にお引っ越ししたノラバーは今年7月で2周年を迎えした。こちらには5度目、銀ノラ、アサノラと通算すると13回目の出演です。

西武柳沢? どこそれ遠そう、ってお思いの方、高田馬場から約20分です。うちからだと阿佐ヶ谷まで行くのと10分しか変わりません。

恒例のご来場者全員プレゼントは、この日が忌日ということで、ノラバー限定カワグチタケシ新作訳詞集 "sugar, honey, peach +Love (is real)"。ジョン・レノンの名曲をカワグチタケシ訳でお届けします!

そしてお料理は必ずご満足いただけるクオリティ。ノラバー弁当は季節ごとの素敵なメニューをノラさんが考えてくださいます。

*銀ノラ、アサノラより1人増えた先着11名様限定の完全予約制です。
 ご予約は rxf13553@nifty.com まで。お名前、人数、お電話番号を
 お知らせください。お席に限りがございます。どうぞお早目に!



2019年11月3日日曜日

小さな小さな舟灯りvol.4

文化の日。下北沢Workshop Lounge SEED SHIPで開催されたアカリノートレコ発ワンマンライブ『小さな小さな舟灯りvol.4~未知なる円盤に乗ってみたい気持ち』に行きました。

アカリノート氏との出会いは2012年7月。共演が決まっていた同じく SEED SHIP の Poemusica Vol.7 の3日前、井の頭公園のベンチライブにお邪魔したときのことです。

それから何度か共演もし、僕が翻訳した "Melody Fair" の歌詞に新たな旋律を付け歌い継いでくれています。ライブはすこしご無沙汰していましたが、ひさしぶりに生で聴くその音楽は、はじめてのときと変わらず、みずみずしく美しく信頼に足るものでした。

豊かな声量で安定した歌唱、繊細さと粗野さを持つギタープレイ、染み渡るバラッドから賑やかなパーティソングまでアカリノート刻印されたソングライティング、聴かせどころ盛り上げどころを心得たショーマンシップ。いずれも磨きがかかりながらも、その揺るぎなさはどこから来るのだろう、と思いながら。

おそらくそれは、彼が彼自身の音楽を誰よりも愛し、信じ、且つ、常に冷徹な目で見てもいるからではないでしょうか。家族や周囲の人々に愛されて育った幼少期に形成された自己肯定感の強さがその基盤を強固にしているように感じます。

盟友と呼んでも差し支えないQooSue那須寛史くんのギターが更に広大なアンビエンスを加えて、アンコールの「戦ぎ」(そよぎ)まで全20曲。SEED SHIP わかちゃんの隅々まで神経の行き渡った最高のPAで聴く、なつかしい「金平糖は炬燵の上に」のような珠玉の旋律はもちろん「ボヘミアンララバイ」や、新譜 "croquis" 収録の「慄き」「ネコはいいな」「遠い夜凪のバルカローレ」など、奇数拍の楽曲群が今日は殊に響きました。
 
 

2019年11月2日土曜日

イエスタデイ

晴天の土曜日。TOHOシネマズ日比谷ダニー・ボイル監督作品『イエスタデイ』を鑑賞しました。

売れないミュージシャンのジャック・マリク(ヒメーシュ・パテル)は誰も聴く人がいなくても路上や桟橋やカフェでギターを弾いて歌っている。その傍らにいつも寄り添うマネージャーのエリー(リリー・ジェームス)は普段は中学校で数学教師をしている。

フェスの出演を取りつけたもののテントステージの客足はまばら。もう音楽を辞めようかと自転車で帰る途中、太陽フレアの影響で全世界規模の12分間の停電が発生し、ジャックはバスに轢かれる。目覚めたのは、自分以外にはビートルズを知る者がいない異世界だった。ビートルズの楽曲を歌いジャックはスターダムにのし上がる。

トレインスポッティング』のボイル監督が描くロマンチックファンタジーミュージカルコメディ。掛け値無しに楽しめました。主人公が白人ではなく南アジア系、ローディ役がアフリカ系のジョエル・フライというキャスティングもよかったです。

パラレルワールドで、ビートルズだけではなくオアシスも消失しているのは、ビートルズの影響下にあることを強調しているのかも。ボイル監督は同じマンチェスター出身のギャラガー兄より一回り年上ですが、思うところがあるのでしょうか。一方、ローリング・ストーンズは存在しています。他に、ハリー・ポッターや煙草も消失しているのですが、その意図は上手く汲み取れませんでした。

他人の楽曲で売れたことに当然葛藤を持つ主人公の前に現れたビートルズを知るおそらく世界でたった2人がヲタクの鑑ともいうべき態度で心洗われるのと、エリーが本当に可憐で一途で愛おしくなります。

劇中で演奏されるビートルズの楽曲群は僕にはどうしても懐古的に聞こえてしまうのですが、それはおそらくビートルズの音楽に慣れ親しんでおり、且つビートルズに影響を受け更にアップデートされた音楽(例えばオアシス)も知っているからで、1960年代当時の耳にどれだけ斬新で画期的に響いたのか。

またサウンドトラックの選曲は、初期のレノン/マッカートニー混然一体な曲は別として、中期以降 "A Day In The Life" 以外はほぼポール・マッカートニー作品が選ばれています。ビートルズのソングライティングのわかりやすい革新性はポールによるものが大きかったのかな、逆にジョン・レノンは声と歌詞だな、と思いました。

 

2019年10月25日金曜日

こんなはずでしたⅡ

激しい雨も18時の開場時刻にはほぼ上がり、谷中工房ムジカさんにてllasushi氏の企画ライブ『こんなはずでしたⅡ』が開催されました。

不安定な気象の中ご来場いただきましたお客様、共演者の皆様、主催者llasushiさん、工房ムジカの葛原りょうさんとスタッフのみなさん、どうもありがとうございました。

今回は、現在プリシラレーベルで新作準備中/制作中のふたり、小夜さん石渡紀美さんと3人セットでの出演オファーをいただきました。共演の多い印象のわたくしたちですが、3人揃ってというのは2017年の『胎動 Poetry Lab0. vol.6』以来、2年半ぶりです。

僕はソロで「」「線描画のような街」「虹のプラットフォーム」の3篇、「無重力ラボラトリー」は小夜さんとデュオ、3人で「風の通り道」を朗読しました。「風の通り道」は小夜さんにアレンジしてもらいましたが、素晴らしいリミックスでした。鼻炎ですこし鼻声の石渡紀美さんの新作、小夜さんの代表中編作「マチネチカ」、小夜/紀美2声のマチネチカアンサリングもよかった。

共演者のみなさんを総合したイベントの振れ幅の大きさも尋常でなく。Diezineさんyvonxhe)はチャイルドギターの弾き語りでブラックメタルの魅力、シリアスなバカっぽさを教えてくれました。井上陽水の「最後のニュース」のカバーも衝撃的で爆笑に次ぐ爆笑。

吉田和史さんは今回の出演者では唯一共演経験があります。リリカルでワイルドでアルコホリックでセンチメンタル。寂しがりなのに誰か近寄ってくるとふっとその場を離れる猫のような男。ガットギターの音色が美しく、渋い美声。夜の音楽。欲しかった新譜もゲットできました。

ブズーキ(ギリシャギター)のyoyaさん。鉄弦の硬質な響きをループマシンで重層化する。ギリシア音楽の中近東風でメランコリックな旋律にコンテンポラリーダンスの要素も入っています。

仕事帰りのスーツ姿で出演時間ぎりぎりに駆けつけたジャストドゥ伊東さん。社会生活に支障がないのか心配になるレベルのハイパーテンション。説明不能でエキセントリックな愛されキャラ。客席が失笑、爆笑のループから全員笑顔というミラクル。

主催者llasushiさんはポエトリースラムジャパン2019のファイナリストにもなっている実力者ですが、ブッキングセンスも振り切っていました。

会場の工房ムジカさんは古書信天翁さんだった場所。今年の2月まで9年間、本当にお世話になりました。このようなかたちで帰ってくることができてうれしかったです。

 

2019年10月20日日曜日

真実

薄曇り。TOHOシネマズ日比谷是枝裕和監督作品『真実』(字幕版)を観ました。

現代のパリ。国民的大女優ファビエンヌ(カトリーヌ・ドヌーブ)の自伝出版を祝うためニューヨークで脚本家をしている娘リュミール(ジュリエット・ビノシュ)がテレビ俳優の夫ハンク(イーサン・ホーク)と幼い娘シャルロット(クレモンティーヌ・グルニエ)を連れて帰ってくる。

リュミールは母の自伝の内容に不満を持っている。書かれているほど自分は愛されていなかったと感じているし、なによりファビエンヌの姉妹でありライバル女優でもあった伯母サラについて一言も触れられていないから。

母娘の確執の元となった過去の真実に迫るみたいなミステリーテイストの強いプロモーションですが、完成作は毒舌、アイロニー、エスプリ満載でくすっと笑えるフランスらしく上品なコメディ映画といっていいと思います。『真実(La vérité)』というのは自伝のタイトルに過ぎず、しかも相当盛っている。それをリュミールに責められ「私は女優よ。本当のことなんて言わない」と平然と言い切るファビエンヌ。撮影をボイコットしようとして「映画と自分とどっちが大事なの?」という詰問に「私が出ている映画が好き!」と半ギレで即答する。僕的日本最高の女優賛美映画『Wの悲劇』の三田佳子と見まごうばかり。

リュミールも負けじと芝居がかった科白を書いて登場人物たちに演じさせるのだが、そのなかにはファビエンヌも含まれており、二重三重の入れ子が観客を戸惑わせ笑わせます。そしてスクリーンには一度も登場しない故人サラの存在感の大きさ。

紅葉のパリの風景も美しく、執事リュック(アラン・リボル)、サラの再来と呼ばれる若手女優マノンを演じるマノン・クラベル、子役クレモンティーヌ・グルニエら脇役たちも大変魅力的でした。

 

2019年10月13日日曜日

ブルーアワーにぶっ飛ばす

台風一過。テアトル新宿箱田優子監督作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』を観ました。

舞台は21世紀の東京。30歳のCMディレクター砂田友佳(夏帆)は寛容な夫(渡辺大知)と平穏に暮らしているが、職場の上司冨樫(ユースケ・サンタマリア)と不倫関係にある。仕事では、使えない代理店に苛立ち、わがままな俳優に振り回されるが、その鬱憤を酒を吞んで毒舌を吐くことで晴らしている。

そんな酒に吞まれる日々、中古車を買った後輩で親友の清浦あさ美(シム・ウンギョン)の運転で、入院中の祖母を見舞うため、嫌いな故郷茨城に数年ぶりに帰省することになった。

「その笑顔、私は嫌い。かわいいって言われるかもしれないけどブスだからね。癖になるから気いつけな」と場末のスナックのママに言われ、「私を好きって人あんまし好きじゃない」と強がる。周囲が羨むクリエイティブな仕事に就きながら、生きづらさを抱えたアラサー女子を夏帆(左利き)がナチュラルにリアルに演じています。

シム・ウンギョン演じる天真爛漫なキヨは主人公スナさんのアルターエゴ。少女時代のひとり遊びのパートナー。家族にはその両方の姿が見えている。

酪農を営むがさつな両親をでんでん南果歩が好演。兄役黒田大輔は超怪演。キャストが奇跡的に素晴らしいです。

僕自身が千葉で生まれ育って東京で仕事をしているので、犬を轢きそうになったり、トンボを殺してしまったり、老描が死んだり、生き死にが生々しく存在する中途半端な田舎の幼少期の記憶は胸に迫るものがありました。

ブルーアワーとは、夜明け直前、日没直後の短時間に訪れる薄明、トワイライト、誰そ彼時のこと。東京に帰る常磐道を飛ばすエンドロールでかかる松崎ナオさんのざらっとした歌声がやさぐれた心に染みます。